消費者金融の総量規制

オリックス銀行カードローン 借換
2010年の貸金業法の改正が完全施行となり、なかでも総量規制は消費者金融やクレジット会社のキャッシングはこれまでと違って大きな影響を及ぼしています。
総量規制とは消費者金融やクレジット会社のみに適用される法律で、それまで上限が決まっていなかった融資限度額は申込者の年収の3分の1以内と制限されるようになりました。
たとえば年収450万円の人が消費者金融で融資を申込んだときの最大融資限度額が150万円までとなり、それ以上のお金を借りることはできません。
ただ総量規制には「除外」や「例外」となる貸付もあります。
どういうことかと言うと、総量規制では年収が3分の1以内に制限されていますが、金利の安いところへ借り換える「借り換えローン」や複数社の借入が有るとき、これを1社にまとめる「おまとめローン」は総量規制の対象外になります。
仮におまとめローンや借り換えローンを利用するときは、審査で返済が可能と判断されれば年収の3分の1をこえる部分についても融資をしてもよいという貸付けです。
多くのキャッシング会社もこれらの商品を扱っていますが、融資限度額が大きく成るため審査が厳しくなります。
プロミスも「おまとめローン」を扱っており、申込はプロミスコールか自動契約機、店頭窓口からの申込になります。
ただ審査が有るので場合によっては利用できないこともあるので誰でも利用できるというものではありません。
しかし、おまとめローンは多くのメリットが有るので、一度申込をしてみてはどうでしょうか。

即日融資を会社への電話なしの申込

銀行 即日融資
キャッシングを申込むと、審査で電話での在籍確認があります。
会社へ電話がかかるということから、申込をちゅうちょされるかたもおられますが、電話での在籍確認は思っているほど心配することはありません。
在籍確認の電話は担当者が個人名で電話をかけてくるので、キャッシングの申込をしたということもわからないように配慮しています。
電話がかかってきても必ず本人がでなければならないということもありません。
たとえば外出中とか会議中で電話に出られないとき、電話を受けた人が「○○は只今外出しております」とか「会議中のため電話の取り次ぎができません」といった本人がその会社に勤めていることがわかればそれで在籍確認は終わります。
在籍確認の電話は困るけれどキャッシングを始めたいというかたにおすすめなのが三井住友銀行グループの「モビット」です。
「モビット」の「WEB完結申込」は会社への連絡は電話ではなく、代替え処置として書類の提出で済ませられます。
急ぎでお金が必要なとき「web完結申込」から申込みをし午後2時50分までに振込手続きが完了していれば即座に口座へ振込されます。
ただ、申込をした曜日や時間帯でその日に借りられないということもあります。
「WEB完結申込」三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行に口座があることが条件になります。
提出書類は本人確認書類や社会保険証、在籍確認の代替えとして提出する会社発行の社会保険証や組合保険証が必要になるので、これらがあれば会社への連絡なしで審査が受けられます。

消費者金融で100万円借りるには?

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンは100万円以上の高額融資をしているところも数多くありますが、100万円以上となると申し込んでも審査に通らないケースが多いようです。

100万円以上の融資を受けるときは審査でクリアしなければならないことがたくさんあるので、どこの業者なら借りられるかを選ぶことがポイントになってきます。

消費者金融には貸金業法の総量規制が影響するので100万円を借りようとすると年収は最低でも300万円以上が必要で、年収がクリアしているからといって申込をしても初回の融資限度額は多くても50万円までといわれています。

融資限度額を100万円にするためには、半年以上は借入したお金の返済を続けたり、完済をすればまた借入をするということを続ければ増額融資の申請ができるようになり、増額申請を続けることで最終的には年収の3分の1まで融資限度額をあげることができるので、申込をしたからと言ってすぐに希望額が借りられる訳ではありません。

銀行カードローンは貸金業法の適用は受けず、銀行法に基づいて事業をおこなっているので銀行はそれぞれが基準を設けているので審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。

高額融資を受けるには銀行カードローンの方が融資が受けられやすいですが、借入金額が大きくなればなるほど利用金利が大きく影響してくるのでむしろ金利の低いところを選ぶようにすれば金利を含めた総返済額が大きく違ってきます。